介護福祉施設を建設する際に、まず注意すべきなのがどういった場所に建てるかです。

通常の住宅の場合は暮らしの利便性を最優先して駅から近かったり、沢山のお店が近所にある様な立地条件を望まれるケースが多かったりします。ですがこういった施設の場合は、そういった暮らしの利便性は余り重視されません。

それ所か利便性の優れた賑やかな場所だと人通りや交通量が多いため、家族が施設への送り迎えをし難くなります。なので賑やかな場所や大通りから少し離れた場所が、立地条件として求められる可能性が高いです。

確保すべき土地の広さに関しても、注意しなければなりません。というのも介護福祉施設は名前が示す通り、身体が不自由になった高齢者といった人達の介護を行うための施設です。

安全に介護を行うには、介護するのに十分なスペースを確保する必要があります。そうしないと介護をきちんと行えなかったり、介護中に事故が起こる可能性が高いです。

そしてそのスペースの目安と言われているのが、利用定員数の倍の坪数の土地を確保する事だったりします。だからこそ仮に20人が定員の施設を建設したい場合には、40坪以上の土地を確保しなければなりません。

更に介護福祉施設を建設する際は、利用者にとって安全な建物にしなければなりません。介護が必要な利用者が利用する施設なので、ちょっとした段差にも躓いて大怪我する恐れがあります。

なので施設内はきちんとバリアフリー仕様して設計し、利用者が安全に過ごせる様に配慮した形で建てるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *