一般の住宅であれば、駅や商業施設から近い場所にある様な賑わいのある場所が好まれる傾向にあります。

ですが介護福祉施設では人通りや交通量の多い場所だと、家族が送り迎えする際に行い難い等の問題が生じるケースが少なくありません。だからこそ建設すべき場所としては、大通りから少し離れた様な場所が望ましかったりします。

介護福祉施設は、名前の通り介護を行う施設です。介護を行うとなると、一般的な住宅で1人に必要なスペースよりも広めに確保しなければなりません。十分なスペースを確保しなければ介護がし難いだけでなく、介護中に事故が起こる可能性も高まるので注意が必要です。

確保すべきスペースとしては、利用定員数の倍の坪数と言われています。なので30人が定員の施設であれば、60坪以上の土地を確保して建設すべきです。更に介護福祉施設は、身体の自由が利かない高齢者といった人達が利用する施設だったりします。

なので建設する際は、利用者の状態を考慮した建物にしなければなりません。健常者には特に問題がない段差でも、介護が必要な高齢者であれば怪我する恐れもあるのでなくす様にすべきです。

同様にトイレはバリアフリー仕様にする等の配慮は、当然の様に行わなければなりません。だからこそ介護福祉施設を建設する際は、出来るだけこういった施設を建てた経験がある業者に依頼すべきです。

経験がある業者であれば、介護福祉施設を建設する際に注意すべき点を踏まえた形で完成させてくれる可能性が高いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *