高齢化に伴って介護福祉施設の数は増えており、需要があるだろうと見込んで建設してしまうと運営に失敗してしまう可能性も高くなっています。

成功する介護福祉施設の建設をするためのポイントはいかに地域に密着させるかということです。なぜ地域に密着した介護福祉施設にすることが成功のポイントとなるのかというと、入居者やその家族にとって地域の理解があるかどうかは重要だからです。

例えば、施設内でイベントをする際のボランティアを地域の人に頼むことで交流がはかれますし、認知症などで外に出てしまった際にも地域が施設に少しでも関わっていると助けてもらう可能性も高くなります。

また地域の人が協力することで入居者が気軽に買い物や散歩を楽しみやすくもなります。もしも、その地域の人が入居するのであれば、近所で親しくしていた人が遊びに行きやすくなるでしょう。

このように地域密着した介護福祉施設は、これまでと変わらない生活を送りやすい施設ともいえるのです。ですので、介護福祉施設の建設をするのであれば地域に密着させることが大切なのです。

そのためにも必要なのが、建設現場が決まったら、地域の人たちに丁寧な説明会を行い、可能であれば地域の人たちがどのような運営を求めているのかなどの希望を聞き取ることです。

運営側が施設の概要をオープンにしていくことで、地域の人たちの信頼も高まりますし、施設建設後も積極的にイベントなどで関わっていくことで自分たちが高齢になった時に安心して任せられるという思いを持ってもらえるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *