介護福祉説を建設する際に気をつけなければならない事項がいくつか有ります。

まず、介護福祉施設とはどのようなものがあるでしょうか。一般的なものは、特別養護老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設などの施設型と呼ばれる介護施設があります。

これの施設では、食事や入浴の介助はもちろん、万が一の急変時などに医療行為などを必要とする高齢者を受け入れることも可能です。そのほかに、居宅型の施設と言われる施設に認知症対応型共同生活介護施設や、有料老人ホームなどが挙げられます。

これらは、居宅型という名称ですが施設に入居し寝食を過ごしています。入居者の多くは、認知症を患っていたり様々な理由から、体の自由がきかずに車椅子や杖などを利用している場合もあります。

ですので、介護福祉施設では入居者が安心して安全に生活ができるような建設をするように明確に定められています。以前は、スプリンクラーの設置基準は大型の施設のみとされていました。

しかし現在では、多くの施設でその設置が義務ずけられています。万が一、介護福祉施設で火災が発生した場合多くの入居者は自分で安全に逃げることができません。

そのために、安全に車椅子がすれ違うことが出来るように廊下の幅は1.8メートル以上と広さが決められています。そのほかにも、施設は全て耐火建築物でなければならないと定められています。しっかりと建設のルールを守ることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *