介護福祉施設を建設するうえで大切なことは、どのような設備を揃えるのかということです。

基本的に利用者は介護が必要な方となりますので、そうした方が不自由のない暮らしを送れるかどうかはもちろん、介護する側が介護しやすいかどうかというのも忘れてはいけないポイントです。

まず絶対的に外せないのがバリアフリーであるということです。介護福祉施設の利用者の多くが足腰が不自由であったり、弱っていると考えられますので段差は極力なくすことが転倒予防などにも繋がります。

また寝たきりになった方や車いすの方の移動を考えれば、ドアなどはゆっくり閉まるスライドタイプが適切といえるでしょう。他にも考えなければいけないのが避難経路です。

介護福祉施設の中で火事などが起きた時、逃げ遅れてしまうことがないように消防法でも避難経路に関する義務が課されています。消防関係者などに避難経路や誘導灯の設置などアドバイスをしてもらうようにしましょう。

また建設には市町村の許可が必要となることがあります。地域によっては既に介護福祉施設が飽和状態であり、必要がないと判断されてしまうことも珍しくありません。

ですので、建設計画をたてるうえでその地域にとって必要な施設であるのかどうかをしっかり検討することが必要なのです。

特に地域密着型サービスにするのであれば、市町村との協力は欠かせませんので、どのようなサービス内容が求められているのかなどの聞き取りを行うようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *