今、日本は急速に高齢化社会へとなりつつあります。

高齢者が増えたことで介護福祉士やホームヘルパーの需要が高まりましたが、介護福祉施設の建設も同じくらい重要となってきました。しかし、介護の人材や施設の需要が高まる一方で、深刻な人材不足や施設不足が大きな問題となっています。

なぜなら、介護福祉施設を1つ建設するだけでも莫大な資金や人材、敷地を必要とします。日本には、それらが全く足りていないのです。介護というのは、する側もされる側も非常に体力、精神力を使います。特に最近では、家族間で介護し合うということが非常に問題視されています。

高齢化社会により老老介護が増え、先の見えない介護生活に疲れ果て、夫婦や親子で殺人などが発生する事件も増えてきました。それらを防ぐためにも、早急に介護の人材不足解消、そして介護福祉施設の建設が急がれているのです。

解決案として最も有効なのは、世間に介護福祉施設建設の重要性を知らせることであります。在宅介護に比べお金はかかりますが、施設には介護福祉士などの専門家が多くいます。今、科学技術の進歩により介護ロボットの開発が有名になってきましたが、実用化には至っていません。

それに、これらの介護支援機器は非常に高価で容易に手を出せる品物ではありません。よって、専門家の揃った施設に入っていただく方が良いのですが、施設はお金がかかります。

よって、テレビ番組や新聞、雑誌などの世論に呼び掛けるのです。世論で世間の介護福祉施設への認識を変えれば、今よりも安価な価格で施設に入居できるようになると思われます。1人1人の認識を変えていけば、介護問題も良い方向に解決できると考えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *