介護保険法が適用される施設が特別養護老人ホーム・老人短期入所施設・ケアハウス・デイサービスセンターなどで老人福祉法が適用される施設が養護老人ホーム・軽費老人ホーム・老人介護支援センターです。

一般的に第三者が見るとこれら全部をまとめて介護福祉施設という人が多くなっていますが、厳格にはこの二つの法律が適用される施設がありそれぞれそれに基づいて運営がされています。特別養護老人ホームは二つの目的をもって建設されている、介護福祉施設になります。第一の目的は65歳以上の者で身体上または精神上著しい障害があって常時の介護が必要で、かつ居宅で介護を受けることが困難な者がやむを得ない理由により介護保険法の介護福祉施設に入所するのが著しく困難だと認められた場合、市町村が措置により特別養護老人ホームに入所させます。

もう一つの目的は、介護保険法の介護老人福祉施設介護サービス費の支給が認定された者、その他政令で定める生活保護法の施設介護の扶助を受けるものを入所させ養護することを目的として建設されています。特別養護老人ホームには、指定介護老人福祉施設というものがあり老人福祉法に定める特別養護老人ホームのうち、介護保険法の介護保険給付を申請して都道府県知事が指定したものがあります。
要介護入所者に入浴・排泄・食事等の介護その他日常生活の支援を行うために、建設されています。介護保険法の施行以前から建設されていた特別養護老人ホームは、介護保険法の申請があったとみなし都道府県知事の指定が認められています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *