歳を重ねてもいつまでも元気に過ごしたい。そのような願いは誰しもが持っている願いともいえます。

しかしながら、歳を取っていけば足腰を始め、心身の機能が低下していくことはやむを得ないことであります。ちょっとした段差で躓いてしまうことで、骨折してしまう高齢者も少なくありません。高齢者の骨折はそれまでは元気に生活をしていたとしても、そのまま長期入院になり寝たきりの生活になってしまう場合もあるのです。また、元気に生活をしていても、脳梗塞などに倒れその結果片麻痺などの後遺症が残ってしまい、リハビリ後退院できても日常生活に介護が必要な生活になってしまう人も少なくないのです。

介護保険法に基づいて運営されている介護施設は、このように介護が必要になった高齢者が日常生活の支援を受けながら生活できる環境を提供しています。介護保険法で求められている介護施設のサービスはその質も求められています。介護が必要な高齢者もQOL( quality of life)人間らしく自分らしい幸福を求められる生活の質を提供する事が求められています。食事や排せつ、入浴などの日常生活に介護が必要にあったとしても、自分らしく生活したいと望みを持つ事は大切なのです。

介護施設の中で自分らしく生きる為には、生き甲斐ややりがいを持つ事が大切です。介護施設では、ケアマネージャーを中心に介護計画書(ケアプラン)を作成します。計画書には短期目標と長期目標を設定し、高齢者自身が生活に目標を持てるようにチームケアを行います。ケアプランを基本に日常的に励まし、自分の趣味や嗜好を叶える環境を作る為の努力がなされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *