日本において介護施設などの介護サービスを利用した際に発生した費用は、その一部が介護保険によって補助されます。

ただしこれは、その対象にある介護サービスを利用した時、またその適用範囲にあるサービスのみです。よって、その補助を受ける際には要介護認定、要支援認定と呼ばれる認定を受ける必要があります。この認定は、簡単に言うとその人がどの程度の介護や支援を必要としているかを、専門家が調査を行い、コンピュータ判定や会議によって判断を下した値のことです。

要支援度は1~2、要介護度は1~5まであり、要支援よりも要介護の方が重いと言う扱いです。よっていちばん、程度が重く、頻繁な介護を必要とする状態は要介護5の人だと理解することができます。介護施設によっては、一定の要介護度に達していないと利用できない施設も数多くあります。特に医療機関や社会福祉法人、地方自治体などが運営している介護施設は、介護保険を適用させるためにこのような条件が設定されていることが多いです。たとえば、比較的安価で入居でき、終の棲家としての色合いも持っている特別養護老人ホームの場合です。この介護施設を利用するには、要介護3以上と言う条件を満たしている必要があります。

またショートステイと呼ばれる、短期間、入居する施設に関しては、要介護度の数字により、利用できる頻度や回数が変わってきます。要支援認定の人は、入居系施設の利用よりも介護予防のための通所系施設の利用が主となっているのも、特徴的です。このように介護施設の利用と、要介護認定、要支援認定の間には深い関係があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *