高齢化社会が進み、介護問題が社会問題としてクローズアップされ続けている現代の日本においては、介護施設の役割はますます大きくなっていきます。

介護保険法に基づいて運営されている介護サービス提供事業所の種類や数は年々増えています。利用者が選択できるサービスであることが大切です。ただ単に介護サービスを提供する事が介護施設の役割ではありません。提供される介護サービスの質も含めて、利用者の生活が豊かになるサービスが求められているのです。この様な重大な役割を持っている介護施設ですが、職員の離職率の高さはいまだに改善されているとは言い難い状況であります。介護の仕事は身体的にも重労働です。寝たきりの高齢者などの排せつや入浴、食事介助や離床介助など決して身体の負担が少なくありません。

また、高齢者は体調の変化も起きやすく日常的な支援は命に直結している解いても過言ではありません。十分であるとは言えない職員配置の中で、命を預かる責任感を持ちながら心身ともにすり減らしながら働いているのです。その労働の割には給料水準が十分であるとは言えないのが介護職の現状であるともいえるでしょう。しかしながら、介護のような大変な仕事を志す職員は決して給料の条件だけで働いているわけではありません。お年寄りが好きで、人の役に立てる仕事がしたいなどの志を持って入職している人がたくさんいるからです。

これらの職員が働きたくなる介護施設は給料条件がいいだけではありません。それぞれの職員がやりたいこと、叶えたいことなどの意見を管理部がきちんと集めて実践に繋げていける風通しのいい環境であることは重要です。大変な仕事であっても職員一人一人が自分の役割をもって存在意義を感じながら勤めることが出来れば、遣り甲斐に支えられながら働くことが出来ます。職員の意見が忌憚なく発言できる環境は、職員の不満やストレスが溜まり過ぎない環境であるともいえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *