超高齢社会の日本は年々介護が必要とされる人の人口が増え続けています。

国としては高齢者の方の住み慣れた地域で、在宅で必要な介護サービスを利用しながら生活するという事に力を入れています。住み慣れた地域で在宅での生活はとても理想的ではありますが、様々な理由から介護施設に入所される方も多いです。一言で介護施設と言っても様々な種類があるのをご存じでしょうか。

まず、費用が比較的安く済むとして人気があり入所を希望しても順番待ちとなる事が多いのが特別養護老人ホームです。他よりも優れた施設やサービスというものはありませんが、入所時の負担金はなく月々の費用が安いのが人気です。そして介護付有料老人ホームがあります。全ての居室が個室であったり、食事が豪華であったりと施設によって様々なサービスがあるのが特徴です。

またサークル活動が盛んであったりカラオケルームがあったりと介護が必要となる前から入所できるのも特徴です。特別養護老人ホームと比較すると費用は高めです。他にも老人保健施設という介護施設もあります。脳梗塞等の病気で入院治療後に退院して入所される方も多い施設です。

入所中にリハビリを頑張りその後他の施設や在宅に戻られるという方がほとんどです。他にも介護者が用事があり介護が困難な日やリフレッシュを目的に、泊まりで介護を行ってくれるショートステイを行っている施設もあります。施設により費用や特徴は様々ですので自分に合った施設選びをする事をお薦めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *